トマトの定植〜2016年〜

0



    30℃越えの日本一暑い日から一転し、10℃もいかない日となってみたり...


    最近は雨続きで多湿傾向となっている北見市端野町でございます。




     トマトを植えよう 




    さて育苗中はどちらかと言えば低温続きで少々ムラのある苗となりましたが、先日、今年の定植を行いました。
    去年は液肥で主にコントロールしていましたが、今年は自家製の米ぬかボカシを追肥で用いようと思い、それならばいっそのこと有機栽培にしようと、貝殻石灰と鶏ふんを合わせて使用しています。




     先ず穴を掘ります 




    DSC_0644.jpg




    DSC_0646.jpg





    DSC_0648.jpg

    いきなり何やってんのとツッコまれそうですが、至って真面目に深く穴を掘ります。全層へ貝殻石灰を施してロータリー耕を行っていますが、穴を掘って底の方へ鶏ふんと再度貝殻石灰を投入しています。これは根が伸びてきた後半戦に効果を発揮させる為です。



     



     



     と言うことで投入 



     



     




    DSC_0649.jpg




    DSC_0653.jpg




    DSC_0656.jpg




    パラパラと穴底へ施し、土を埋め戻しました。硬い箇所を崩して深い箇所までフカフカになるので、根域も拡がります。






     ようやく定植 






    DSC_0659.jpg




    DSC_0662.jpg




    DSC_0663.jpg




    晴れて定植となりましたが、ここで一つとても気を付けていることがあります。それは土壌の水分量です。




    定植初期の段階から多くの水分があると、根が一気に伸びます。そうなると樹も一気に成長するのですが、実が着かないうちに大きく育ってしまっては、その後も実に栄養が行き渡らないまま樹ばかりが成長します。いわゆる暴走と言う状態です。




    そうなってしまってはコントロールが効かないので、結果として量が取れず、味も薄くなってしまいます。美味しいトマトを安定的に生らせる為には定植初期の水分管理がとても大切なんですね。




    面倒ではありますが、生育初期は計量カップを用いて一定量の水分を与えています。




    佐藤匠(タクミサト)

    ジュニア野菜ソムリエで店長のタクミサトです。



    自分で作ったこだわりミニトマトを自身で販売するネットショップ

    でぃあとまと


    (販売開始は7月下旬ころの予定です)



    Facebookページ版はコチラ

    でぃあとまとFacebookページ

    (会員登録をしなくても閲覧できます)



    北見市端野町に関することはコチラ

    のんた日和



    トマトが順調に生育しています

    0

      どうもこんばんは。相変わらず、道具の手入れに関する記事に人気が集まっているつぶやきタクミサトで御座います。

      日々の生活の中ではどちらかと言えばスローライフ的なネタが多いのですが、記事化するのが億劫でアレなので、クラウドへ自動アップロードされた写真の墓場が出来上がっている今日この頃です。
       
       トマトはどうなった 

      播種以来トマトの記事も大して書いていなかった訳ですが(Facebookページでは多少アップしている)久しぶりにこちらで途中経過を書いてみることにします。

      DSC_0363.jpgDSC_0364.jpgDSC_0366.jpgDSC_0372.jpg

      ということで、ご覧の様に順調に発芽し、鉢上げも終えたところで御座います。

      そしてそして。

      DSC_0478.jpgDSC_0480.jpg

      結構大きくなっています。

       サラッと書いたけれど時間も手間も結構かかっている 

      こと野菜作りは、播種や育苗の工程が大変地味なものです。単純作業の繰り返しになりがちで、色味的にも寂しいですしね。

      しかしながら今後の全てを左右するとても大変な時期でもありますので、気は抜けません。これから野菜を作り始めると考えている方は、失敗のリスクや手間を考慮し、ある程度育った苗を購入して植えるのも一つの方法です。

       一坪菜園の最近 

      DSC_0486.jpg

      ビート(甜菜)の播種後に蒔いた野菜たちがすくすくと成長しておりまして、毎日ありがたく食べさせてもらっております。写真右からルッコラ、コーラルリーフ(紫からし菜)、サラダホウレンソウ、水菜、タァサイ、サラダ春菊、ラディッシュ(はつか大根)ですね。彩りも豊かです。

      DSC_0459.jpg

      頂き物のホタテの稚貝と採りたての野菜達。

       そう言えば 

      DSC_0508.jpgDSC_0509.jpg

      こんな時期ですが、昨日今日と結構な量の降雪がありました。

      冬に逆戻りの北海道北見地方です...。

      佐藤匠(タクミサト)
      ジュニア野菜ソムリエで店長のタクミサトです。

      自分で作ったこだわりミニトマトを自身で販売するネットショップ
      でぃあとまと
      (販売開始は7月下旬ころの予定です)

      Facebookページ版はコチラ
      でぃあとまとFacebookページ
      (会員登録をしなくても閲覧できます)

      北見市端野町に関することはコチラ
      のんた日和


      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << August 2016 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      書いた記事数:48 最後に更新した日:2016/06/17

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM